均整・気功法とは  対応症  著作一覧  当院案内  Q&A

対応症

(均整法・気功法・自然免疫療法で対応できる病気)

体は自然治癒力さえ高まっていれば、いつも治ろうとしています。病気が故障のサインなどというのは病院の理屈で、体はいつも「元にもどろう」とする働きがあるのです。これをホメオスタシー(自然修復力)といいます。したがって、このホメオスタシーを高めれば、病名などに関わらず、理論的にはどんな病気でも治って行くのです。(先天性の病気を除く)しかし、この自然治癒力が著しく落ちた体や、病気に対する「心の恐れ」が強い場合、なかなか病気が自然経過しないのです。ここに対処法としての、整体法や気功法、免疫増進法、潜在意識活用療法の大きな意味があります。したがって、当方での施術指導の場合、体の自然良能である「ホメオスタシー」を高めるわけですから、病名にこだわるものではありません。実際、私は現在までに数多くの現代医学が難病とする病気を平癒させて参りました。しかし一応、対応症として、参考までに一例をあげてみます。

対応症